鳥インフルエンザが新型インフルエンザになって大流行する可能性

新型インフルエンザは本当に出現するの?新型インフルエンザのパンデミックが起こる!といわれてもどうもノストラダムスの大予言を聞かされているようで可能性はイマイチ低いように感じていました。

しかし・・

山本太郎氏の著書である『新型インフルエンザ・世界がふるえる日』によれば次に流行する新型インフルエンザが強毒性のH5N1型かどうかはわからないものの何らかの新型インフルエンザが流行するのは確実とのこと。

次の表は

山本太郎氏の著書である『新型インフルエンザ・世界がふるえる日』のp22新型インフルエンザの歴史の表のデータを打ち出させていただいたものですがこれをみれば新型インフルエンザが歴史的にみて周期的に発生しつづけていることがわかります。

1729年  
 ↓
 ↓52年後
 ↓
1781年 
 ↓
 ↓49年後
 ↓
1830年
 ↓
 ↓59年後
 ↓
1889年
 ↓
 ↓29年後
 ↓
1918年 スペイン風邪(スペインインフルエンザ)
 ↓
 ↓39年後
 ↓
1957年 アジア風邪(アジアインフルエンザ)
 ↓
 ↓11年後
 ↓
1968年 香港風邪 (香港インフルエンザ)
 ↓
 ↓41年後
 ↓
2009年 メキシコ発H1N1型新型インフルエンザ
 ↓
 ↓??年後
 ↓
 

パッと見ただけでも40年~50年に1回、必ず新型インフルエンザが流行しているのがわかります。


どうやら人生で一度か二度は新型インフルエンザの危機を乗り越えなければならないようです。


スポンサードリンク

翌日配送対応の備蓄・非常食は絞込み検索で

通販で買える備蓄食品・口コミ感想の多い順はこちら

この記事のタグ

サイト内関連記事

備蓄食料はインフルエンザウィルスの感染を防ぐだけでなく
普通は災害用の非常食といえば、3日分~7日分くらいなのに、どうして新型インフルエ......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

新型インフルエンザ備蓄食料リスト&非常食節約レシピ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://acc.ne.jp/h5n1-safe/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。