主婦にはワクチンは作れないけど献立なら

このサイトは私たち3人の主婦で作りました!

3nin46.jpg


世界で4000万人~1億人の犠牲者を出したというスペイン風邪ことスペインインフルエンザは約90年前に流行した新型インフルエンザでした。

今、専門家の間で流行する日が近いと恐れられているH5N1型の新型インフルエンザはスペインインフルエンザよりもさらに強毒で、被害も大きくなる可能性が高いそうです。

もしこんな恐ろしい新型インフルエンザが大流行したら・・。


ワクチンや薬を作ることのできない普通の主婦にはただ流行しないことを神様に祈るだけしかないのでしょうか?


我が子が、家族が、自分が命を失うかもしれない事態にただ怯えてその日を待つしかないのでしょうか?



<個人ができる新型インフルエンザ対策は?>


専門家によればもし新型インフルエンザがパンデミック(大流行)すれば店舗が閉まり、物流もマヒする可能性が高いそうです。つまり食料品や日用品が不足するわけです。

book460.jpg
(パンデミックの警鐘を鳴らす本が多数出版されている)


ですから個人ができる新型インフルエンザ対策として食料品や日用品の備蓄がとても重要なのだそうです。


ではいったいどれだけの食料や日用品を備蓄すればいいのでしょう?


あくまで過去の例から予想ですが新型インフルエンザの流行がおさまるまで約2ヶ月くらいはかかるといわれています。


この2ヶ月分の食料や日用品が備蓄できていれば、もし店舗の休業や物流のマヒがおきても生活ができますし、新型インフルエンザが流行している危険な場所に買い物にいかなくてもすみます。


結果として家族分の食べ物や生活用品を備蓄することは恐ろしいウイルスとの接触機会を減らし、感染予防にもつながります。

逆に何も準備していなかったとしたら、新型インフルエンザの感染に怯えるだけでなく、飢えとも戦わなくてはならないかもしれません。考えただけでもぞっとしますね。


ワクチンは作れなくても献立だったら作れるよね!!


ワクチンは作れないけど食べ物や日用品の備蓄や管理なら自分達にもできるんじゃ・・。


こうして急きょ主婦友達で話し合いながら新型インフルエンザ・パンデミック対策の備蓄食品のリストを作り、そして実際に買い揃えることにしました。

shunou-up46.jpg

2か月分の食料や日用品を買い揃えて備蓄するには予算や収納の問題などいろいろと苦労もありました。そしていまだに試行錯誤は続いています。


でも食料や日用品の備蓄をすることで

★毎日の生活をもっと楽しくしよう!

★毎日の生活をもっと便利にしよう!

★家計の節約にもつなげよう!


ということをモットーに明るく来るべき日に備えようと心がけています。


私たちの方法にはまだまだ改善の余地だらけですが、少しでもあなたの新型インフルエンザ対策や食料、日用品の備蓄準備の参考になれば幸いです。


>>2ヶ月分の備蓄食品を準備する前に

この記事のタグ

サイト内関連記事

R-1乳酸菌がインフルエンザ予防に
1073R-1乳酸菌を使用した 明治の「明治ヨーグルトR-1」が通販で大人気です......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

新型インフルエンザ備蓄食料リスト&非常食節約レシピ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://acc.ne.jp/h5n1-safe/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。