備蓄食料、缶詰類の収納方法をスムーズにするアイデア。

備蓄食料で、一番困ったことは

フルーツジュース、野菜ジュース、フルーツ缶など

缶に入ってる食材の収納方法でした。


そこで、こういう方法を使うことにしました。 
ね!自動販売機でしょう。 ↓  ↓  ↓   


ダンボール自動販売機の作り方


備蓄食料は、賞味期限ができるだけ長いものを
選んでますが、それでもいつかは期限がやってきます。

当たり前のことなんですが
賞味期限の最終日は一箱の中身すべて一緒なんですね。

そんな一度に何本も消費できるわけがない。

ということは、何日かに一度消費し
消費した分、新しいものを足していくと
いう作業を続けないといけません。

ここで、私達が思ったことは
「けっこう面倒くさい・・・」ということでした。

この面倒な作業をできるだけスムーズに行うために
ある工夫をしたのです。 

『ダンボール自動販売機の作り方』

まず、ジュースの入ってたダンボールに扉を作ります。

hako-kiru460.jpg

ジューズ一本を横にした大きさでカット!

ポイントは、扉なんで切り落とさないこと。

そして、最重要のポイントはここ!!!

kirikomi460.jpg

サイドに指を引っ掛ける切込みを
入れることによって、ジュースが出やすくなるんです。


ほんとに、自動販売機のようでしょう!

お試しください~! >>トップページへ戻る

この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

新型インフルエンザ備蓄食料リスト&非常食節約レシピ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://acc.ne.jp/h5n1-safe/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。